トップページ  J-FOP 会則 患者家族会について 活動記録  お問い合わせ
 お知らせ 寄付金・募金のお願い リンク集
FOPという病気は・・・
この病気の大きな特徴のひとつは、足の親指が外反母趾様であることがあげられます。もし、お子様の足にこの特徴があった場合は、FOPである可能性があります。もちろんそうでない場合もあります。200万人に一人という発症割合であるため、以前は医者もこの病気に出会うことは極めて少なかったのですが、今は少量の血液(1CC程度)や口腔内の粘膜を採取することで病気の診断が出来るようになりました。これまで、遺伝子診断を受けた方は50例程でその内40例の方がFOPであると判明しました。遺伝子診断を受けることにより、以前のような誤診を防げるようになりました。現在、日本国内でのFOPの患者さんは60人位といわれています。
 
病気の発症は・・・
2〜3歳の頃とされていますが、個人差があります。

・転んで頭をぶつけたらコブがなかなかひかない。

・背中にコブのようなものが出来、それが移動するように出ては消えを繰り返す。

・発熱時に体の一部に腫れが暫く続く。
・・・この状態をフレアアップと呼びます。腫れは赤みを帯び表面がつやつやした状態で、強烈な疼痛を伴います。腫れの期間は1週間から数か月続くこともあります。この患部の筋肉の中に骨が出来てきます。以前は出来た骨を除去しようと手術をし、更に余計な骨ができてしまうこともありました。フレアアップの頻度は個人差があります。この状況を繰り返し、骨化の箇所が増え体の可動域が狭められていくのです。患者さんにとっては痛みと、更に骨化が進み体の自由を奪っていくことは精神的にも苦痛を伴うものです。子供の時から長い間続くこの状況をご想像ください。今はまだ骨化を防ぐ治療法がありません。

近年、成人してから発症する遅発型の症例も報告されています。遅発型は発症後の進行が速いと言われています。

病気が進行すると・・・
体の可動域に制限が加わるため、日常生活にはいろいろな補助具が必要になってきたり、介護が必要になってきたりします。転倒を防ぐための足に合った靴や、歩行時の杖。車椅子は体の状態に合わせた特注品になります。腕が上がらないために、着脱を手伝ってもらったりしなければなりません。また、顎の骨化により開口が悪くなる場合もありますので、小さい頃からの口腔ケアは重要です。
 
FOPの遺伝子・・・
2006年4月にアメリカの研究グループが遺伝子を特定するという発見以来、急速に研究が進み、いろいろなことがわかってきました。日本では埼玉医科大学 FOP診療・研究プロジェクトが中心になり研究が進んでいます。この研究プロジェクトにより、2008年にそれまで報告されていた遺伝子の変異とは異なる部位に変異が発見され、通常型と呼ばれるFOPの患者さんよりも骨化活性が低いFOPの患者さんが見つかったことがわかりました。研究プロジェクトでは継続してFOPの研究を推進しています。 今後その治療法、治療薬への研究が進むことが期待されています。
 
FOP患者さんの身の回りの工夫  New!

上へ

Copyright (C) J-FOP 患者家族会 All rights reserved.